類人燕

ヤクルトスワローズネタとジャンプ感想がメインのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャンプ感想23号

オッス、オラ五嶺女派 改め 柳生九兵衛女派 兼 XANXUS女派 兼 松本乱菊男派!

ここで名前挙げるとそのキャラの出番が無くなるという法則に気付いちまったぞ!
オラの言動が秘密組織に監視されてる!
町行く人みんなオラの悪口を言ってる!
タクシー金払えば地の果てでも行ける!
N○K 666kHzの電波で洗脳放送しテる!
殺られる殺らレる殺ラれルャらレル助けて助けテ助ケテケテケテケテケテケテケテケテケテケケケケケケケケケケケケ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆◇
◇◆ 只今 電波の受信状態が乱れております。
◆◇ しばらくそのままでお待ち下さい。
◇◆
◆◇               q
◇◆             / ̄ ̄ ヽ.    ∑┃
◆◇             ,二ニエ二ニ..、 ,-―┸―- 、
◇◆ .        q   l       l l ____  |
◆◇       /||   l/ ̄┃ ̄\ノ l//┃ヽ\ノ
◇◆     /  ||ヽ  r´ ̄ ̄ ̄ ̄`i/  ┃ヽヽ
◆◇   /    ||ヽヽl        .|   ┃ヽヽヽ   
◇◆  \⌒⌒⌒,」lヽヽヽ´ ̄┃~ ̄\ノ,ニニ┃ニヽヽヽ- 、 
◆◇    \ r´ロ ロヽヽヽ  ┃,__ノ ロ ロ ロ ロ
◇◆ ==ニ二|ロ ロ ロ |二二二二二二二二二二二コ__| 
◆◇     ヽ ` === i \\\\\\\\\\\   l ~
◇◆ . ~ ~ \     \\\\\\\\\\\ノ~ ~
◆◇       ~~~~~ \\\\\\\\\\\~~
◇◆ ~~   ~ ~~   ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ~~ ~
◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


はっ!オラ何をしてたんだ!?

ともかく、この駄目デスノート状態を利用しない手はねぇ。
そこでモニタの前の良い子たちにお願いだ!
感想の最後にあるWEB拍手から、「駄目デスノートで出番消して欲しいキャラ」
を投票してくれ!消えなくても悪く思わないでくれよな!
あと、あくまでもキャラだけだぞ!秋○治とか作家はNGだ!

「相変わらず甘いなバカロット」
おめぇはジベータ!
「秋本○はもう十年以上前から本人の出番はな……ぐはぁ!!何をする!!」
すまねぇジベータ!カタキはきっと取ってやるからな!
「い、いや……殺ったのは……貴様だろ…………」

次週、
「誤空ZENKAI!○本の公然の秘密を今さら賢しげに語るベジータに死の鉄槌を!
 というかこのコーナーがドラゴンボールのパロディなのを理解して貰えてるか実は結構心配なんですけど!」
お楽しみに!



● エム×ゼロ(新連載)

 ジャンプ屈指のエレクチオン作家・叶恭弘が帰ってきました。
 前作「プリティフェイス」は、”バス事故に遭った主人公が、マッド整形外科医の手で憧れのクラスメートの容姿に整形され、その彼女の生き別れの姉と偽り同居生活をする”という無茶に無茶を重ねた設定で、”とにかく女体を描ければオールOK”という内容でした。
 今作は、第一話を読む限りではちゃんとした設定とストーリーは望めそうです。主人公がなんでこんなに強いのかとかヒロインの父親が若すぎるとか突っ込みどころは多々ありますが。
 あと、ライバルの矢吹センセイは”寸止め裸”で勝負するようですが、カラーページの白ニーソを見るに叶センセイは女体フェチ描写で勝負するつもりでしょうか。どちらが今のジャンプ読者層に受け入れられるのか、楽しみですね。


○ シネプリ

 手塚役の役者が、ヤクルト米野(古田の後継捕手)にちょっと似てる。


● ワンピース

 縛られたまま殴られ階段を頭から落ちるロビンに、ドSのオラはワクワクしっぱなしだ!
 尾田先生はエロエロの実どころかサドサドの実もまとめて食べたのでしょうか。あるいは、今まではアシにやらせていたキャラポージングを、結婚後は嫁さんにやらせるようになってエスカレートしたのでしょうか。


● デスノート

 そういや、実写版デスノートでのリュークの扱いは結局どうなるんでしょう?あまり情報を調べてないのでよくわからないですが、布袋寅泰か嶋田久作あたりが演じたりするんでしょうかね。


● To LOVEる

 デビルーク星ね……実はララの一族はオーバーロードっていうんなら燃えるんだけど、脚本の人はちゃんと古典SF読んでたりするのかな。

 ※オーバーロード:アーサー・C・クラークの古典SF「幼年期の終り」に登場する宇宙人。昔ながらの悪魔の格好をしているが、米ソ冷戦を終結させ人類を高度な文明に導く存在。


● ブリーチ

 「ねこ、ことり、りす、すけとうだら……世界は命に溢れてる!その輝きがとても愛しい……」
 タイトルページの柱のこの文章、いったい何なんですか。久保センセーは”執筆中はいつも卍解!”らしいですが、担当も羞恥心卍解を会得したのでしょうか。それ労災申請すれば通るかもよ?>頭の病気扱いということで。


● 銀魂

 チャーハンにワサビ(普通のチューブねりワサビで5cmぐらい)を混ぜると非常に美味しいんですが、どうもマヨネーズチャーハンの同類に見られている気がします。いやホント美味しいんだってば!

 先週同様、ギャグとバトルの混合具合が非常に面白い。
 「オムライスにいくらケチャップかけようが常識の範囲内
  てめーはしょせん型から脱しきれねェ そいつが道場剣術の限界よ
  俺ァデザートにだってマヨネーズかける」
 こんな無茶な論理に納得させられかつちょっとカッコイイと思ってしまった。
 でもこれ本来ならボーボボの得意領域だったのに……


● リボーン

 「お兄さんが起きあがった!」
 ってシリアスなシーンなのになんかマヌケな表現だ。ツナのナレーション扱い?
 とはいえ、「笹塚了平が起きあがった!」っていわれても下の名前まだ定着してないし、「笹塚兄が起きあがった!」っていうのも松沼兄って表記みたいでそれはそれでマヌケだし。ナレーションキャラがいないのが敗因か。

 拳圧ではなく身体の塩を拳にのせ散弾のように放って照明を壊した?
 ”クイズそっちのほうがスゲェ”な世界だよ!拳圧のほうがまだ納得いくよ!どれだけでかい塩の結晶を身体から生成してるんだよ笹塚兄!


● アイシールド21

 鬼平が、セナのブリッツなんていう奇襲は阿含には通用しないって言った!つまり通用するってことだな!もうテレ朝の田岡総帥並みの的中率を誇る逆予言者だよ>鬼平。


● ネウロ

 弥子は女座りで一晩中ネウロの手を握る羽目になるわ、アイは”グチョグチョにされてもイイ”宣言するわ、違う意味でのヒットポイント満載でした。


● 太蔵

 玉に入ったオタマジャクシの名前が精子、というのも凄いが魔法棒の先っぽのほうのデザインも結構凄くないか?
 テニプリのパロディは原型ほぼそのままでもギャグになるという、これは許斐センセの力。あんまり頼りすぎてもいかんよ>大亜門


では、また来週!




スポンサーサイト
  1. 2006/05/11(木) 01:35:26|
  2. ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャンプ感想24号 | ホーム | ジャンプ感想21,22合併号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nearlyswallow.blog56.fc2.com/tb.php/26-ff721a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。