類人燕

ヤクルトスワローズネタとジャンプ感想がメインのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャンプ感想33号

オッス、オラXANXUS女派!久しぶりすぎで"XANXUS"を"ZANZUS"って打っちまったぞ!
さて、娘XANXUSはイタリアには帰りたく無い様子。無粋なスクアーロにグラスぶつけたあとも憂鬱そうに遠くをみたり。

そりゃそうさ、まだ念願を果たしてないんだから。ツナと結ばれるという念願をな!!


ここで唐突ですがWEB拍手への返信です。
>もうXANXUS女派の主張はなさらないんですか?それとも最近出てないからですか?笑
ありがとうございます。今週出てきたので久しぶりにネタにしました。

>女派ネタって書いてて気持ち悪くないんですか?
ありがとうございます。いやホンキで書いてれば気持ち悪くなんかならないですヨ?五嶺もXANXUSも萌え萌え、英語で言うとMoe-Moeですヨ??

>ネタが無理矢理すぎてキツイことがあります。普通の感想も増やしてください。
ありがとうございます。ってキツイ言うなーーっ!


……このコーナーが好評なのか不評なのかよくわからないぞ!
まあ、納豆とかくさやとかみたいに臭みを我慢して食べてみるとあら不思議、美味しいじゃない♪ってこともあるので、合わない人も我慢して読んでくだされ。発酵しないで腐ってる場合もあり得るが気にしない!


次週、「"XANXUS女派"で検索してヒットするのはこのサイトだけ!」お楽しみに!






● オーバータイム(新連載)

 「たっちゃん(太郎)、甲子園に連れてって」と、武闘型ヒル魔の様な霊が取り憑いてしまった主人公。佐為ぐらい古い人間やリュークみたいに人外の死神ならまだしも、同級生の霊に24時間監視されるっていろんな意味でイヤだなぁ。
 まあ一話目を読んだ限りでは結構期待できそう。最近は正統派のストーリー漫画が(べしゃり暮らしは別格として)あまりなかったので、ヒカルの碁みたいに競技内容よりもストーリーで読ませる漫画を目指して欲しいです。でもサラブレッドにならないで!(キックスメガミックスにはもっとならないで!)


● ワンピース

 おお、サンジがウソップに期待したのは、嘘での攪乱ではなく狙撃の能力だったのか!ってあの距離で当てられるほど凄い能力者だったっけ?
 まあ、長かったバトルもほぼ終わりやっと解決編に向かいそうで良かった良かった。ロビン虐待シーンが見られなくなるのは残念だけどね(ドS王子か俺は)。


● ブリーチ

 あ、織姫待たずにルキアが先に現世に行った意義があったんだ(もっと放置しておけばヴァイザードな人たちが助けに入っただろうとか言わない!)。


● ナルト

 影分身で促成栽培!は能力を逆手に取った良い発想だったけど、後半の「水見式」で台無し。ってかこういう設定で冨樫と勝負するのは無謀だよ。あっちは一年の半分をその手のゲームに費やして、さらに残りの半分を設定思考に費やしてるんだから。
 

● アイシールド21

 時間限定のスリルと、作戦/実行フェイズの別れ方とが緊迫感を維持させるね。時間限定のない野球や作戦フェイズの弱いサッカーにはない、アメフトの利点を上手い具合に活かしてるなぁ。


● 太臓

 翠がでてくると話が全部持ってかれちゃうな。ま、精子の突っ込みも面白いから良いけど。
 でも、「赤毛の棒」よりも「マラレロマラレロ」という呪文の方がPTAに怒られそうだよ!


● ボーボボ

 アカデミーの実習シーン、なんか見覚えがあると思ったらブリーチのアニメ版か!(恋次、雛森、吉良の学生時代回想シーン)
 で、ポコミの表情とかツルビーニャのジョジョ風登場シーンとか、澤井センセの画力は明らかに上がってる。でも、ポコミの回想シーンが普通なのが、ギャグ漫画家としての能力の衰えを見るようで悲しい。「大人の女」以来、呆気にとられたあとに大笑いできるネタが無いし、やっぱり初期Aブロック基地編(天の助が隊長だったころね)が頂点だったのかなぁ。


● ネウロ

 ページまたぎで、院生豹変しそう→肩すかし を3度ひっぱったのが面白かった。読者がどういう読み方してるか解ってるよなー。


● エムゼロ

 吉田赤松陰センセイも仰るように、萌え維新時代に生き残るには「狂」が必要ですよ。表紙の女の子全員分の名前と詳細プロフィールと希望声優とキャラソン用歌詞まで用意するぐらい狂わないと、この分野でのビッグマネーは手にできませんぜ叶先生。


● 銀魂

 ヅラは、"夏のそなた"なんていう後進国の乏しい娯楽ドラマよりも自分の妄想を育てた方が面白いモノ見られると思います。
 ※この感想は実在のドラマおよびいつまでたっても進歩のない現実の隣国とはいっさい関係ありません。 

 あ、でも"チャングムの痴態"はちょっと見たいな。そのタイトルで「健気で泣ける主役」ってのがS心を刺激するものがある。


● ムヒョ

 今井さんがさわられたさらわれた!俺がミックならそのまま本部になんか戻らんよ。ストックホルム症候群が充分に成長するまで逃げまくるね。
 しかしこれで毒島さんが登場する流れなのか。それはそれで楽しみ。


● 新世紀忍者外伝服部さん(読み切り)

 タイトルに既視感がバリバリなのはともかく、ジャンプ駄目忍者部門にはハマー、サクラという二大巨頭がいるからちょっと争う相手が悪かったな。あんな弱い忍術をちゃんと役に立てるなんて、ナルト世界なら中忍になれそう。




 では、また来週!





スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/07/16(日) 03:06:24|
  2. ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャンプ感想34号 | ホーム | ジャンプ感想32号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nearlyswallow.blog56.fc2.com/tb.php/36-19c6e106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。