類人燕

ヤクルトスワローズネタとジャンプ感想がメインのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャンプ感想03号

オッス、オラ 桜崎学園(M&Y)の校長女派!!顔も名前も出てねぇヤツならいくらでも女にしたっていいじゃないか人間だもの byみつを

新任女教師・優名に毎日コスプレを強いる校長、その正体を教えよう!

桜崎学園の理事長は、大学を卒業したばかりの孫娘に校長の座を与え、ゆくゆくは学園を彼女に引き継ごうと思っていた。
だが、彼女には野望があった。
一校分の女子高生を、全て自らの手中に収めるという野望が。
そう、彼女は無類の女好き・レズ校長だったんだ!

だが、まだ所詮は校長、権限は限られている。
女子高にして完全入寮制にする、という当面の目標すら障害は多い。
そこで、災獣の地区司令官と裏で手を結び、まずは祖父である理事長を天災に見せかけて葬ることを狙ったんだ!
そして女生徒の自宅を学業時間中に破壊し、入寮せざるを得ない状況を作ろうとしているんだ!

ゆけ!我らがM&Y!怪しまれない今うちに学内に盗撮カメラを設置しまくるんだ!そしてその映像を売ってくれ!!


次週、「正直、今の狂ったジャンプならこれぐらいやっても許容範囲な気がする」お楽しみに!





○ 重機人間ユンボル(新連載)

 前作シャーマンキングの最終回「プリンセスハオ」+”みかん”コンボで、広げた風呂敷を畳もうともしないヤンチャBOOWYっぷりを見せつけてくれた武井宏之の新連載です。
 
 直球なのにちょっと変化する、変化するのに直球に見える、という野球で言えばカットボールのような作風の武井先生。今作もまた微妙な芯の外しっぷりをみせてくれました。
 いやまあ確かに大災害で世界中が壊れたら、モヒカンでバイクに乗ってアヒャアヒャいったり壮絶な流派内抗争やったりして空を愛で落とすようなバカやってないでインフラ整備の方が重要、というのは筋は通ってますがね。政治抗争に明け暮れるゼネコン重役よりも現場で絶大な信頼を得る監督に権力が移行するってのも筋は通ってますがね。
 なんか、とにかくおかしい("面白い"と"狂ってる"両方の意味で)。
 回想シーンでリベッタ姫を背中に乗せて馬ならぬクレーン車ゴッコをしてるバル隊長とか、誰かに似てるリーゼントの博士番長とか、素なのか狙ってるのか狙って外してるのかよく分からないわ、ほんと。
 
 まあ、カットボールを極めれば川上憲伸の様に常に安定して勝ち星を挙げるピッチャーになれるので、今度こそ期待しています。未熟なカットボールで花火職人にジョブチェンジした坂元弥太郎なんてのもいるけどな!


○ M&Y

 先週指摘した悪いところ(細かいコマに太い線で描き込みすぎ)は変わらず。連載に小馴れてくれば描き込んでられなくなるだろうけど、そうなる前に漫画の寿命が先に来そうな気もする。


○ 銀魂

 あれ?小銭形なんかが戦ってるのに真撰組はどうした?
 どうも、沖田のねーちゃん編以来、真撰組を動かしづらくなってるんじゃなかろうか(近藤は合コンに来てたが)。
 今回の事件で停電したときに土方と沖田が一緒にメシ喰ってたことからするとストーリー的に遺恨を引っ張る事はなさそうだけど、作者的に扱いに困ってるような感じがする。
 

○ エムゼロ

 ルーシーが比較的無理なく仲間化。
 九澄のエムゼロな秘密部分に突っ込めるのが柊パパだけだったことを考えると、これで話を転がしやすくなるでしょう。
 しかし全裸で「感度ビンビン」とか、もうジャンプ全体でエロチキンレースに突入したんだろうか。ネタ感想書きとしては却って困るんだけど。


○ ラルΩグラド

 ※この漫画の登場人物は、全員18歳以上です
 とか注釈付けなくて大丈夫なのか?

 やっぱり幽閉生活が長かったからか、ラルは萌えもエロもわかってないね。わかってないさ。
 裸エプロンというのは日常に侵食した非日常、という背徳感が重要なファクターであるわけで、確かに13歳にやらす背徳感は別口であるっちゃあるけど、それは裸エプである必然性は薄いかと。
 これからバトルなパーティーであることを考えると、
 ・裸鎧(金属の部分が冷たくて思わず声が ごめんなさい
 ・サラシスパッツ(濡れたら透け ごめんなさい
 ・大きめのYシャツ一丁(濡れたら毛が透け ごめんなさい
 ここら辺が妥当かと。

 アイアはさておき、さすがミオ先生はプレイのツボを心得てらっしゃる。
 ・最初はコスを嫌がる(ここであっさりOKされてもつまらない)
 ・一度OKしたらちゃんとコスを着る(OKしたのにグダグダいって結局着ないのは最悪)
 ・着た後に嫌がる(ここで「あ、意外と可愛いかも」とか言うのはマイナス。羞恥が一番重要なスパイスですよ?)
 この過程をきちっとこなすあたり、経験豊富さが伺えます。


○ ブリーチ

 30間近の不思議ちゃん風のチルッチだろうと、パンツが見えそうならついそれに釣られてしまう、これは女性作家には描けないだろう見事な描写ですね。
 さすが、少年の心(具体的には中学2年生レベル)を失わないTITE師匠ならでは。
 ってか、ペッシェはあのネル軍団の中では頭脳担当かと思ったのにこいつまでクルクルパー(死語ですよ石田さん)だったとは。石田との息のあった漫才は、きそばATよりも面白かったです。


○ TO LOVEる

 来週は、沙姫が自分でトラップに引っかかるオチがあると予想する。


○ ネウロ

 漫画家が化ける瞬間は、どんな漫画でも面白いですなー。DCSとか描いてた作家と同一人物とはとても思えないような綺麗なストーリーでした。
 弥子の日付も変わって、次はどうするんだろう。刹那の病気はやっぱりどこかの組織の人体実験で、サイもその被害者の一人だったりするんだろうか。
 いっそ、タイムトラベルして「時空探偵脳噛ネウロ」でもいい気がする。


○ ボーボボ

 そんなネウロの直後に至郎田が登場!ボーボボ空間に登場して違和感がないって凄いハジケリストだな。
 竜騎士アリストアルのやる気なさも地味にヒットでした。


○ P2

 ヒロムの武器は動体視力でした。ライパクのガウェインとホイッスルの風祭を足して10ぐらいで割ったようなキャラだな>ヒロム。
 次週、アキラはラケットに文字を書いて本当にヒロムがそれを読めるか試すに違いない。そう、「私の名前は川末アキラ」って書くんだろう。
 

では、また来週!





スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/12/20(水) 02:48:02|
  2. ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クリスマスが来る度に、どこかでこんな文章を書いている気がする | ホーム | ジャンプ感想02号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nearlyswallow.blog56.fc2.com/tb.php/64-dfd49703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。