類人燕

ヤクルトスワローズネタとジャンプ感想がメインのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャンプ感想09号

オッス、オラ 佐脇朱音女派!! 「誰それ?」とかいうな、ちゃんと読み切りまで読んでやれ!

自分は男と言ったのは、女扱いで手加減されたくないという意思表示だったんだ!
強い球を胸で受けられるのは当然そこに脂肪乳というクッションがあるからなんだ!
でも第二次性徴が始まるとそこから痛くなるから気を付けろ!擦れただけでも痛いんだぞ!

次週、「最後にこういうネタを仕込むぐらいの、良い意味での『いやらしさ』があってもいいと思います」お楽しみに!




○ 銀魂

 サンバな表紙は、
 ・さっちゃんのリアル豊乳
 ・妙のリアル貧乳
 ・神楽のメロン偽乳
 という綺麗な対比になってますね。メロンがまるごと入る神楽の平面っぷりに乾杯。でも第二次性徴が始まるとマスクメロンの編み目が擦れただけでも(略)
 「ゼイリブ」のグラサンを持ってる私には、「銀魂」という文字に重なるように読み切りの主人公が金色のドッジボールを持ってるのが、金玉の暗喩に見てとれます。まあ横で近藤がハミ出してる時点で暗喩もクソもないわけですが。
 本編。
 ブリーチの斬月パロディでどう落とすのかと思ったら、いつの間にか「微妙な知り合いと出しゃばる迷惑な母親に翻弄されるコント」になってました。
 TITE師匠は中学二年生の心を忘れない作家だけど、空知は小学生から高校生まで自由に変化できる見事な作家だな。
 あと、もしかして実際にバンダイの担当者に
 「いやーキャラは立ってるんで有難いんですけどね、必殺技みたいなのがなくてなかなかゲームのシナリオつくるの大変だったんですよー」
 みたいなことを言われてたりして。

 ところで、「1番好きな話」人気投票ですが、自分は
 ・マダオ、タクシー運転手として再就職&再失職
 ・将軍様キャバクラ接待
 ・鍋将軍
 ・神楽亡き後のヒロイン争い
 ・ヅラの免許実習
 あたりが思い浮かぶかな。シリアスは全く無しかよ!


○ ワンピース

 紳士なガイコツ・ブルック登場。
 ナミのパンツを見たがってたけど、見たらどう反応するんだろ。チンコ部分は軟骨ぐらいあるんだっけ?それが反応したりするんだろうか。検証のためにナミにはちょっと我慢してもらってパンツを見せてみたい。
 (ガイコツがウンコするのか疑問を持ったルフィと同程度の発想だな)
 まあ、涙の別れのない仲間もそろそろ良いかもしれない。歌ってたところみると音楽家担当かな?
 

○ リボーン

 バンダイさんも喜びそうな必殺技のオンパレード。イタリアンマフィアの抗争ということで技名がイタリア語でも某死神漫画と違ってなんら不自然はないですね。中学生に母校で殺し合いさせる不自然さは気にするな。


○ ボーボボ

 天の助フィギュア、普通に欲しいぞ。


○ ネウロ

 よそ様の先週の感想一通りみたけど、IDC大塚家具ネタ書いてるところは自分の巡回先には無かったなぁ。鬱男さんのところでコメントに書かれてたぐらいで。ってか池谷も家具屋ネタだったのか。第三の人物として村内なんて名前の人も出てきたりして。
 事件解決後、外道二人に弥子がどんな目にあわされるか今から楽しみ。池谷からネウロにお礼として、弥子にピッタリ合う天板がプレゼントされたりして。
 
 
○ メゾペン

 恵方巻きなんて関西ローカルな風習が、なんでこんなに全国区扱いされるようになったんだろう。
 小林信彦の「唐獅子株式会社」で、恵方巻きをしている大阪ヤクザをみて笑い堪えてる関東出のお手伝いさん、というネタがあったけど、小説が発表された1981年当時は関東の人間にとってはそれぐらい異質な風習だったんだよなぁ。
 
 


○ ブリーチ

 相変わらずスペイン語やイタリア語やドイツ語の技名を恥ずかしげもなく叫びあってますが、レベルEのカラーレンジャー達と同じで、やってみたらだんだん羞恥心もなくなって楽しくなってくるものなのかもしれませんよ空知先生。


○ ドッジザボール(読み切り)

 神海英雄の読み切り。赤マルのときの採点でいえば☆2つ半ぐらいかな。
 それなりに出来はいいんだけど、問題点を挙げると
 ・佐脇朱音のキャラが「もやしもん」の石川雅之に似すぎ。「沢木」という名前の被り具合からして偶然じゃないような気がする。
 ・クライマックスの画が、本当にみんなでボール投げつけた様に見えてしまった点。もうちょっとイメージはイメージらしく区別できるように描いて欲しい。
 あと、冒頭ネタでもやったけど、今のジャンプなら「実は女でした」ネタぐらい仕込まないと目立てない気がする。
 

○ To LOVEる

 To LOVEる世界に於いて「えっちぃのは嫌いです!!」と攻撃するのは、 ボーボボ世界で「おふざけは許さない!!」と攻撃する魚雷ガールと同じぐらい理不尽かと。そのうちエロでもなんでもない行為をみても「えっちぃのは(略)」とかいって攻撃するようになるぞ。
 あれ、それってエロガード。


○ P2

 アキラはやっぱり川末先輩の妹でした!ってか一人でどれだけ属性抱え込む気だこの娘さんは。




では、また来週!




スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/02/02(金) 01:53:09|
  2. ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ジャンプ感想10号 | ホーム | 今週の「少女ファイト」(イブニング隔号連載)感想。>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/09/23(火) 11:39:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nearlyswallow.blog56.fc2.com/tb.php/72-30a2e7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。